会議を始める前に準備するべきものとは?

会議をはじめるにあたって準備するものは色々とございます。準備に抜かりなければ100戦勝利間違いなし、準備を万端で望めば会議の進行もスムーズにいき、あなたの評価もうなぎのぼりでしょう。
では会議をはじめるにあたって、何を準備するべきなのでしょうか?

会議で使用する資料

会議を円滑に行うにはしゃべりだけで議題をすすめるよりも、プレゼン用の資料を参加者の手元に配布するなどすると会議の内容が頭に入ってきやすく、参加しやすくなりますよね。
国会議員でもフリップを用いて答弁を行ったりしているように、分かりやすい資料があると話がとても分かりやすくなるので資料の準備はまず何よりも真っ先にしておくべきでしょう。

飲み物・甘い物

1時間以内で終わるような短時間の会議であればその必要はありませんが、会議が白熱して長引く可能性をはらんでいるのであれば、ちょっとした飲み物などがあれば気の利いた愛いやつじゃ!と思われること間違いなしです。
石田三成が秀吉に気の利いたお茶の入れ方をしたことから出世していったように、あなたにもチャンスが訪れる可能性がグッと上がりますよ!
また、糖分は集中力がきれた時に何よりもありがたいもので、集中した質の良い会議をするのであればちょっとしたおつまみとして甘い物を置いておくのがよいでしょう。甘い物が一個あるかないかで会議の内容が劇的に変わるかもしれませんよ!

小ネタ・たとえ話

議題を進行する司会者であろうと、ちょっとした発言をするだけであろうと、会議で自分の話した内容を理解してもらおうとするのであればちょっとした小ネタやたとえ話を織り交ぜながら話をした方が理解されやすいです。
ですので自分が訴えたいことがあるのであれば、直接的にただそれを伝えるだけではなくネタと共に話をするべきす。しかしそれをラップのフリースタイルのようにパッと思いつくというのは難しいので、あらかじめどんなネタを挟むか準備していきましょう。
昔から演説や人の説得が上手な人は、たとえ話の使い方が巧妙だったといわれています。ネタやたとえ話を上手く活用できれば、あなたもいずれ歴史に残る偉人として崇め奉られるようになるかもしれません。